嚥下食で楽しく食事をしよう【検討するサイン】

体と心を健やかに

和食

無理ない治療のために

沈黙の臓器ともいわれる腎臓ですが、それだけタフでギリギリまで症状が出ないことから、腎臓病が発覚したときには大きなダメージを負っているというケースも珍しくありません。治療のためには投薬や透析などがありますが、やはり大切なのは腎臓病食について正しく知り食事を見直すことです。腎臓病食の場合、塩分や脂質はもちろんですが、たんぱく質の摂取量を制限する必要があります。しかしながら、こうした制限食というのは作るのも大変ですし、自分で調理すると「アレも我慢しなきゃいけない」「これも食べられないのか」とネガティブな気持ちになりがちです。腎臓病食は自分で作るのではなく宅配を利用する患者が多いのもうなずけるといえるでしょう。宅配であれば外出しなくても受け取れますし、自分の好みの食事を選べます。さらに、一人暮らしであれば見守りサービスを兼ねた宅配サービスを利用することで、自分に異変があったことを知らせることも可能です。病気というのは体も心も弱った状態になってしまうものですか、治療の際には心身共に無理なく進める必要があります。何でも自分で頑張ろうとするのではなく、宅配の腎臓病食を上手く活用し、楽しく治療を進めるという工夫も必要でしょう。治療食の宅配サービスといっても高価なものばかりではありません、治療の一環として取り入れる気持ちで挑戦してみるのはいかがでしょうか。病は気からという言葉もあるように、自分が楽しく過ごすこともまた体にとって良い薬になるのかもしれません。