嚥下食で楽しく食事をしよう【検討するサイン】

はじめての介護食

女性

食事に不安を感じる方へ

嚥下食とは、病気や加齢により、口に食べ物を入れて咀嚼し飲み込んで食道に運ぶまでの過程に障害がある人のために、食事の形態やとろみ、食塊のまとまりやすさを調整した食事のことを言います。日本摂食・嚥下リハビリテーション学会では、嚥下食を6段階に分け基準としています。レベル0(開始食)は、ゼリーのように表面がつるっとしていて重力により飲み込めるものを指し、重症例や嚥下機能の評価のために用いられています。レベル1(嚥下訓練ゼリー食)は、ねぎとろやプリンのようにざらつきやベタつきが少ないものを指し、レベル0のゼリーにスープや重湯をゼラチンで固めたものが入ります。レベル2(ゼリー食)は、絹ごし豆腐やお粥ゼリーのように、ペースト食(ざらつきや濃厚さがある液体)をゼラチンで固めたりムース状にしたものを指します。レベル3(ペースト食)は、全がゆのように細かく砕いてとろみをつけたりして口の中でまとまりやすくしたものを指します。レベル4(移行食)は、噛みやすくすることを意識し、普通の食事を一口大にしたり柔らかくしたものを指します。レベル5は普通の食事を指します。高齢者は嚥下の状態に合わせてレベル5からレベル0に下げていきますが、脳卒中などで嚥下障害となった方は、嚥下訓練を行いレベル0からレベル5に上げていきます。上記は嚥下食を取り入れる際の目安となりますが、自己判断は危険です。合わない食事形態はむせて肺炎を引き起こしたり、窒息してしまうこともあります。自身や家族の方で、最近痩せてきた、飲み込みにくい・喉に食べ物がつかえる感じがする、むせる、食後に痰がからむ、硬いものが食べにくい、口から食べ物がこぼれるといった症状がある方は、嚥下食を検討するサインとなりますので、一度専門医にかかることをおすすめします。

和食

体と心を健やかに

たんぱく質や塩分などを制限しなければいけない腎臓病食ですが、自分で作るとなると手間もかかりますし、きちんとした知識を身に着けなければいけません。宅配サービスを利用し、おいしく制限食を食べるという方法は効率が良いですし、食事の時間が楽しくなる良いアイディアの1つです。

ご飯

糖尿病にとても有効な食事

血糖値スパイクという新たな言葉の登場で、今まで血糖値を気にしていなかった人でも実はかなり危険ということがあるのです。糖尿病は食事療法がとても有効で予備軍なら治すことも可能です。面倒な人や忙しい人は宅配糖尿病食が便利です。

和食

飲み込み易さを重視します

飲み込む力が低下した人の為の食事が嚥下食です。嚥下食には5つのレベルがあります。レベル4は普通の食事を柔らかくしたものです。レベル3は食事をミキサーでペースト状にしたものです。レベル2はさらにゼリー状にし、とろみをつけます。レベル1はスープやジュース、レベル0ではお茶や果汁をゼリー状にしたものです。

男女

色々ある制限食

栄養面はもちろん、病気にも配慮した内容となっている宅配の腎臓病食。安価なものであればテイクアウトのお弁当などと同じような値段で購入できますし、毎日家まで配達してくれるサービスなら外出する手間も省けるため、病気の治療中の人にはうってつけのサービスです。

和食

毎食届くので便利

糖尿病には、食事療法が重要ですが、細かく決められた約束事を守って毎度の食事を作るのは大変です。そこで糖尿病食の宅配が増えてきてきます。糖尿病食宅配サービスの中には、冷凍したお弁当を通販しているスタイルや毎食宅配するケータリングスタイルのものなどがあります。